メインイメージ

法人設立の費用

法人設立にかかる費用とは

会社を設立するためには、ある程度のお金がかかってきます。もちろん自分が起こす会社形態によってかかってくるお金は変わってきます。法人設立費用は、大まかに分けて合同会社の場合と株式会社の場合に分かれます。合同会社の場合は出資金が最低で1円。登録免許税が60,000円かかります。紙の定款だと、そこに加えて40,000円の印紙代がかかります。
その為、合同会社での会社設立は最低で60,001円かかると覚えておきましょう。
次に株式会社の場合です。株式会社にかかるのは資本金、法定費用、会社の実印や定款作成等にかかる資金があります。資本金は現金ならば1円から、現物出資があれば0円で行えます。実質かかるお金は定款認証手数料の50,250円と登録免許税150,000円で最低200,250円で設立が可能です。紙の定款だとここに40,000円が印紙代にかかります。
しかし実質この金額だけでは法人設立は難しいでしょう。会社用のはんこを作成したり、会社運営用の雑品等を購入したりする必要がありますし、人を雇うのならば人件費等がかかるでしょう。その為、もし事業を始めるならばしっかりと事業計画を起てる必要がありますし、出資を出してもらうことを考えるのならば限界効率等を算出するのも必要でしょう。そのように一つ一つ計画を行うことが出来れば法人設立に必要な費用を算出することが出来るはずです。また、数字に変えて視覚化する事によって必要経費や不必要な経費も見えてくるので、経営のリスクマネージメントも行うことが出来るでしょう。同時に利益を出す為にかけるべき分野も明確化する事が出来るはずです。
法人設立をする時に、出費を抑える方法として会社設立支援企業に頼むのも一つの手法です。実質経営者は設立後も会社を軌道に乗せるために経営について考えなければいけません。外注に法人設立を頼むことによって、経営者の負担を減らすことができます。経営者はより経営に集中することが出来ます。中には上記に上げた最低限の出費での設立を行うことがわからない人も多いでしょう。それについて調べているだけでも法人設立の時間は経ってしまいます。会社の中には法人化することによって売上をより得られる事も出来ますし、法人設立のプロにお願いする事によってスムーズに会社設立を行うことが出来ます。
上手く他社と協力する事によって、スムーズな起業を行い効率化を測りましょう。

Copyright© 2015会社にかかる費用とコストについて All Rights Reserved.